前へ
次へ

インターナショナルスクールと家庭教師

主人の仕事の関係でロシアで生活をしているため、長女と次女は二人ともインターナショナルスクールに通わせています。現地の公立学校に通っていた時期もあったのですが、やはり将来のことを考えると英語力を身につけさせてあげたいなと思ったんですよね。主人は英語がペラペラなので自分の好きな仕事を思いきりやれていますし、それを間近で見ているというのが大きいです。とはいえ、ロシア語と日本語ですから最初は英語にかなり苦戦しましたね。インターナショナルスクールって結構レベルがバラバラなのでそこが救いではあったものの、できなくて困ったり恥ずかしい思いをするのは本人たちです。親は変わってあげることはできません。教育の機会を与えてあげることです。そこで我が家の場合は家庭教師を選びました。インターナショナルスクールでついていけていない部分を中心に、さらに英語関係の家庭教師もつけることに。最初は費用もかかりましたが段々と追いつくことが出来たので、結果的には良かったと思っています。

Page Top